リサイクル生活

リサイクル生活

ゴミの分別

リサイクルの基本は、ゴミを分別することです。エコ活動に関心はあるけれど、ゴミの分別はよく分からない……という人もいるかもしれませんね。地球環境を守る第一歩として、ゴミの分別を習慣付けるようにしましょう。面倒な分別が楽にできるゴミ箱も紹介しています。

ゴミの分別とは?

ゴミの分別

みなさんは、きちんとゴミの分別ができているでしょうか。まず、ゴミの分別について簡単に説明したいと思います。 ゴミの分別とは、「ゴミをいくつかの種類別に分けて出すこと」を言います。最近では、ゴミの最終処分場がどこも余裕のない状態になっていること、資源の有効利用を促進していることなどから、分別するゴミの種類も細かく決められるようになってきました。このようなゴミの分別は、環境問題の解決に向けて、誰もがすぐに始められる取り組みの1つと言えるでしょう。

ゴミの種類

基本的には可燃ゴミ、不燃ゴミ、粗大ゴミ、資源ゴミなどに分けて出していますが、生ゴミやプラスチック製品などの分別方法は、自治体によって異なります。そのため、ゴミの分別が積極的に行われるようになった現在も、分別方法に戸惑う人も少なくありません。それを解消するため、各自治体では環境教育を行ったり、ゴミ分別のマニュアルを作り、各家庭に配ったりと様々な努力をしています。

可燃ゴミ

可燃ごみ

生ゴミ・紙くず・食用油(紙・布に吸わせたり、凝固剤で固めたもの)・布や衣類・ 50cm未満のプラスチック製品・皮革製品やゴム類・紙おむつ・木や枝(太さ・厚さ10cm未満、長さ50cm未満に切って束ねる)など。


不燃ゴミ

スプレー容器・金属類・ガラス類・50cm以上のプラスチック製品・掃除機・扇風機など。

粗大ゴミ

自転車・6畳以上のじゅうたん・家具類など。

資源ゴミ

新聞紙・チラシ・書籍全般(雑誌・本)・カタログ・ダンボール・紙パック・空き缶・ リターナブル瓶など。

上記のほかにも、対象になるもの・ならないものが細かく分類されているものがある場合があります。また、プラスチック容器包装や缶・瓶・ペットボトルについても、各自治体の分別方法を確認してから出すようにしましょう。

生ゴミの利用法

毎日増えていく生ゴミを可燃ゴミとして捨てるだけではなく、何かに利用できないかと思っている人もいるのではないでしょうか。生ゴミを一番無駄なく利用できる方法としては、肥料作りが挙げられます。中には、生ゴミ処理機を使って肥料作りをしている家庭もあると思いますが、生ゴミ処理機がない家庭でも簡単に肥料が作れる方法を紹介しましょう。

1. プランター(鉢)に土を入れて、生ゴミを入れるための穴を掘ります。
2. 掘った穴の中に、水気を切り、細かく切った生ゴミを入れて、その上から「EMぼかし」という発酵促進剤を生ゴミの表面が隠れる程度にかけます。
3. 生ゴミと「EMぼかし」を軽く混ぜたら、その上に土をかけて堆肥化するのを待ちます。
4. 温度や土、生ゴミの量によっても異なりますが、だいたい1週間程度で肥料が完成します。

※ 「EMぼかし」を使わずに生ゴミと土を混ぜるだけでも、肥料を作ることはできます。ただ、その場合、肥料が完成するまでに2~3週間くらい時間がかかります。

ちなみに、「食品リサイクル法」については、【リサイクル関連の法律】のページをご参照ください。

分別ゴミ箱

楽に分別できなければ、長く続けることは難しいかもしれません。また、分別に張り切るあまり、家の中はゴミ箱だらけの状態になっていませんか。そんなことを解消するために、役立つお洒落で便利なゴミ箱を紹介します。ゴミの分別……まずは、カタチから入ってみるもの良いでしょう。

1台でラクラク!

外にあるゴミ箱

2分別や3分別、中には4分別を1台のゴミ箱でできるものが販売されています。ゴミ箱のセット位置やボックスの色などで見分けがつくようにといった、分かりやすい工夫が施されています。


ゴミ箱に見えない!

分別に大活躍のゴミ箱……せっかくならお洒落な物を使いましょう。材質や形状など、お洒落でスタイリッシュなゴミ箱がたくさん登場しています。パッと見ではゴミ箱と気づかないような物もあり、人気になっています。

リサイクルとは?の詳細へ
リサイクル品目の詳細へ
地球にやさしいリサイクルの詳細へ

ページの先頭へ

Copyright(c) 2011 リサイクル生活  All Rights Reserved.