リサイクル生活

リサイクル生活

3Rって?

リサイクルの話をするときに、よく「3R」という言葉が出てきます。この「3R」は、環境問題を解決するためのキーワードで「Reduce(リデュース):減らす」「Reuse(リユース):再利用する」「Recycle(リサイクル):再資源化する」を意味しています。日常生活の中で、少しずつ「3R」を心がけるようにしましょう。

Reduce(リデュース):ゴミを減らす

まずは環境問題解決の第一歩として、ゴミを減らすことから始めてみましょう。出てしまったゴミを何とかするのではなく、最初からできるだけ出さないように工夫するのです。

必要最低限のもので生産

ゴミの山

本来、リデュースは物の生産段階から始まります。何か製品が生産されるときに、生産者が材料の使用量を減らす工夫をすることが大切です。製品を使う人ばかりではなく、生産者側もゴミを減らす努力をしなければなりません。


必要ないものは買わない

買い物に行くと、つい余計なものまで買い込んでしまうことがありますよね。特に食品などはたくさん買っても、結局食べきれずに捨ててしまったりすることもあるでしょう。ゴミを増やさないためにも、できるだけ必要のないものは買わないようにしたいものです。

ものを大切にする

携帯電話

私たちは、様々な物に囲まれて生活しています。服やバッグ、文房具、携帯電話など、その時々の流行の物を手に入れるため、まだ使える物を捨てていませんか。1つの物を大切に使うようにしましょう。


ご飯を残さずに食べる

ご飯も残さずに食べなければいけません。残した食べ物も、最後には捨てることになってしまいます。普段何気なくしている食事も、環境問題に関係しているのです。なので、食べ物を粗末にしないようにしましょう。

Reuse(リユース):捨てずに、再利用する

次は、使えなくなった物や不要になった物を再利用することを考えましょう。少しの工夫を施すことで、まだ使い続けられるものがあるかもしれません。

詰め替え製品を使う

シャンプーとリンス

リユースで一番分かりやすいのが、詰め替え製品ではないでしょうか。洗剤やシャンプーなどの詰め替えは、お馴染みの方法ですよね。中身が無くなったからと言って容器ごと捨てるのではなく、中身を新しいものに替えると、また使えるようになります。


リサイクルショップなどを利用する

最近は、リサイクルショップやフリーマーケットを利用する人が増えています。実は、これも立派なリユースなのです。自分が使わなくなった物でも、誰か欲しい人に使ってもらうのは良いことですね。

別の用途に使う

牛乳パック

使えなくなった物や使わなくなった物でも、ちょっと手を加えれば、何かまた違うことに使えるようになるかもしれません。空の牛乳パックは半分に切ればペン立てに、空き瓶は花瓶に変身します。


リターナル瓶を使う

「リターナル瓶」と言って、空き瓶を回収して再利用する取り組みが行われています。空き瓶を回収し、きれいに洗って繰り返し使うのです。お店に返しに行くのが面倒という人もいるでしょうが、ゴミとして捨てるよりもずっと環境に優しい方法と言えます。

Recycle(リサイクル):再資源化する

そして、リサイクルは、不要になった物をもう一度資源として生かすという最終手段になります。このリサイクルには、2つの方法があります。

マテリアルリサイクル

ペットボトル

分別したものから、また新しいものを作り出す方法です。例えば、不要になったプラスチックを溶かして、そこからまたプラスチック製品を作ります。ペットボトルや発泡スチロールなどは、こうしてリサイクルされています。


サーマルリサイクル

分別した物を燃やしたとき、発生した熱をエネルギーとして使う方法です。例えば、燃やす際の熱でお湯を沸かし、お風呂や温水プールなどに利用します。さらに、蒸気も冷暖房などに幅広く活用されています。

リサイクルとは?の詳細へ
リサイクル品目の詳細へ
地球にやさしいリサイクルの詳細へ

ページの先頭へ

Copyright(c) 2011 リサイクル生活  All Rights Reserved.